ホルモンバランス調整薬はどんなもの?

ホルモンバランスを整える薬といえば、

 

  • 女性ホルモン注射
  • 命の母(市販薬)
  • ルビーナ(市販薬)

 

などがよく知られており、中でも女性ホルモン不足を補うために直接体内へ注入する女性ホルモン注射が、手っ取り早く効果の期待できる方法になります。しかし、即効性があり確かな効果の期待が持てる女性ホルモン注射はそれなりのリスク(副作用)があります。

 

ホルモンバランスを整える薬の副作用

 

女性ホルモン注射による副作用に多いのが、

 

  • むくみ
  • 食欲不振
  • 頭痛、めまい
  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 発熱、のぼせ

 

などがよく挙げられます。また、ホルモン剤を注射する一番恐いリスクが発がんの危険が高まることです。実際にアメリカの研究の結果、ホルモン剤を投与することにより癌になる可能性があることが発表されています。発がんの可能性も知られてきた最近は薬に頼らないホルモンバランス調整法に興味を持つ女性が多くなっています。

 

薬に頼らずホルモンバランスを整えるには?

 

女性ホルモン注射、内服薬などに頼らずホルモンバランスを整える方法として、

 

  • 生活習慣の改善(疲れを溜めない、半身浴、たっぷりの睡眠、ストレッチ、ウォーキングなど)
  • ダイエットはしない
  • 女性ホルモンの助けとなる食事を摂る
  • 喫煙、お酒はなるべく避ける

 

などがあり、もっとわかりやすく言うと

 

  • 栄養バランスの整った食事を摂り
  • 適度な運動を行い
  • 良質な睡眠をとる

 

という忙しい現代女性にとって達成するにはなかなか困難な方法となります。中でも女性ホルモンの働きをサポートするための栄養を摂る食事が一番難しいと思われます。正直、毎日忙しいのに食事にまで頭が回りませんよね。

 

そんな女性のためにあるのがホルモンバランスを整えるサプリメントになります。サプリメントは食事をサポートする補助食品になるため、栄養バランスを考えた食事にまで頭が回らない、面倒くさい、といった悩みを解消する優れ物です。

 

ホルモンバランスを整えるサプリメントはいくつか販売されていますが、特におすすめの製品を厳選して紹介してみます。薬に頼らずホルモンバランスを整えたい方はぜひ参考にしてください。

 

ホルモンバランスを整えるサプリメント

 

総合No.1 ローヤルゼリーキング

 

 

ホルモンバランス調整におすすめのデセン酸含有サプリメント。デセン酸はローヤルゼリーにしか含まれない貴重な成分。女性に人気の山田養蜂場が販売する高品質ローヤルゼリーになります。

 

 

生理のお悩みに女性のミカタ

 

 

生理痛、PMSなどの軽減に効果的なチェストツリー、月見草オイルなどを豊富に配合したハーブ系サプリメント。また、ビタミン類もバランスよく含まれるから、ニキビ、吹き出物などの改善にも◎。

 

 

更年期のお悩みに白井田七

 

 

田七人参に含まれるサポニンが更年期の悩みにアプローチします。フラボノイド、ギャバなどホルモンバランスの>乱れに嬉しいリラックス成分なども豊富に含まれます。

 

 

ホルモンバランスの状態は無駄毛を見ればわかる?

 

 

ホルモンの重要性というのは、医療系や美容系のテレビ番組などでも紹介されるようになって来ています。ホルモンバランスが乱れると、体も不調になりやすいですし、肌トラブルを引き起こしやすいということが分かってきていますので、ホルモンバランスを整えるための方法を実践したいと考える人も多くなりつつあります。

 

しかし、それ以前に、自分はホルモンバランスが整っているのか、それとも乱れてしまっているのか判断しづらいと感じている人も多いのではないでしょうか?実は体毛を見ることによって、自分のホルモンバランスについて知ることも可能になっています。ホルモンと体毛というのは、とても関係が強いのです。

 

女性は女性ホルモンだけ、男性は男性ホルモンだけ分泌しているのだろうと思っている人もいるかもしれませんが、女性でも少なからず男性ホルモンを分泌しているものです。日本人の場合、男性の1割ほどの男性ホルモンを分泌しているのだそうです。

 

この男性ホルモンの働きの一つとして、体毛の成長を促すというものがあります。女性ホルモンのほうが優勢になっているのであれば、あまり体毛というのは成長しません。このように体毛が濃く、または多くなっているのであれば、男性ホルモンが活発に分泌されていて、反対に体毛が薄かったり少なくなっているのであれば、女性ホルモンのほうが活発になっていると考えることが出来るわけです。

 

最近、体毛が増えていたり、濃くなっていて悩んでいるという女性が多いのですが、これはホルモンバランスが乱れている可能性が高いです。そのホルモンバランスの乱れとして、ストレスや食生活、栄養不足などが原因である可能性が高いです。

 

人によって、体毛の濃さや量というのは違っているものなのですが、無性毛と性毛の二つに分かれています。性毛の場合は、二次性長期のときに肌から生える無駄毛のことを指しており、男性ホルモンの影響によって生えてくるのが、性毛といわれる無駄毛です。

 

また、性毛というのは、両性毛と男性毛に分かれています。陰毛や腋毛は両性毛に分類されており、指先や胸、あごなどに生える毛は男性毛となっています。無性毛というのは、上記で書いたとおり、第二次性長期に生えてくる毛のことを指しており、毛髪やまつげなどといった毛が生えてくるのです。

 

男性毛といわれる毛がたくさん生えていたり、濃くなっているのであれば、男性ホルモンのほうが強い、つまりホルモンバランスが乱れてしまっていると考えることが出来ます。剃ってしまうと、さらに濃くなってしまう可能性もありますから、脱毛をしつつ、ホルモンバランスを整えるようにしていってください。

 

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが保たれるようになれば、男性毛は自然となくなって、無性毛のみが生えてくるようになります。

 

ホルモンバランスを整えるための方法として、一番手軽に始めることができるのは、十分に睡眠をするという方法でしょう。だからといって、いつ寝てもいいというわけではなく、ホルモンバランスを整えるのであれば、22時〜2時までの4時間はしっかり寝るようにしてください。

 

この時間帯に寝ることによって、成長ホルモンが分泌されやすくなりますし、ホルモンバランスも整えられやすくなります。寝ることが出来なかった場合、女性の場合は男性ホルモンの分泌が活発に行われるようになってしまいます。ですので、可能な限り、上記の時間帯には寝ておきたいところです。

 

22時から寝ることによって、ホルモンバランスを整えられるようになるだけではなく、肌の状態もよくなりやすくなります。女性ホルモンの分泌を活発にさせるためのコツとして、ときめくことも大切です。よく、女性というのは恋愛をするときれいになるといわれているのですが、恋愛をしてときめくことによって女性ホルモンが活発に分泌されやすくなるからだといわれています。女性ホルモンが活発に分泌されたり、活動的になれば、肌もよくなり、女性らしさも出てきます。女性ホルモンを活性化させホルモンバランスを整えるサプリもありますので、そちらも検討すると良いですよ!

 

反対に恋愛をしていなかったり、ときめかなくなってしまうと、女性ホルモンは分泌されにくくなってしまったりしてしまうことになるのです。また、恋愛をしていても、刺激がなく倦怠期になってしまっていても、女性ホルモンは分泌されにくくなってしまいます。

 

本当に恋愛をする必要はないのですが、ときめきを感じられるような書籍や映画などを定期的に見るようにするというのもいいかもしれません。

 

仕事が忙しいのであれば、その仕事でやりがいを見つけるというのもいいでしょう。やりがいを見つけたり、目標を決めて働くようにすれば、モチベーションも高くなりますし、ドーパミンやセロトニンなどといったホルモンの分泌が活発になっていき、女性ホルモンを分泌しやすくすることも可能になります。

 

このようにしながら、女性ホルモンを積極的に分泌できるようなかんきょうをつくるようにしてみてください。反対にだらだら仕事をしていたり、目標がなかったら、働いていてストレスを感じやすくなりますので、余計にホルモンバランスが乱れてしまうことになるかもしれません。